« ゴルゴザイラー UNDER CREATION  | トップページ | インクレディブル・イチバン UNDER CREATION »

2009年6月18日 (木)

インクレディブル・イチバン

昨日のゴルゴザイラーのエース専用機です。

20090618ichiburn01

インクレディブル・イチバン

形式名称:ザイラー1 アストリア戦闘ロボット“ゴルゴ”RD250β

呼称:リキオウ

用途:格闘を主とする白兵戦

時代設定:30世紀

全高:19.5メートル 最高出力:310万馬力

活躍する時代:30世紀

天秤座恒星国家アストリアの、宇宙機動軍の英雄:バロン・ホーガン大佐の愛機。

元はノーマルのゴルゴザイラーだったが、大佐の莫大な戦闘経験を集積した電子頭脳の搭載と、それに対応するボディ開発の結果、外観の異なる機体となった。

(この機体の他にも3機、同様にして開発された「β」タイプが存在する。)

頭部は大佐の顔に似ているそうな。

右肩には超振動回路が組み込まれ、これにより繰り出すラリアートは強大な破壊力を誇り「アックスボンバー」と呼ばれ畏怖されている。

又、本機は戦闘以外にも、人命救助の出撃回数が多い事でも有名で、これこそバロン大佐が英雄たる所以となっている。

・・・という事で、プロレスラーのハルク・ホーガン選手からのリスペクト。

盾の色は修正しましたが、なるべく原画に近い状態で掲載しました。

|

« ゴルゴザイラー UNDER CREATION  | トップページ | インクレディブル・イチバン UNDER CREATION »

イラスト」カテゴリの記事

ロボイラスト完成品」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。