« ええい、腹の立つ! | トップページ | グレンザイラーをリメイクする(その4) »

2009年7月23日 (木)

ワンダバダバダン!

「冬木透CONDUCTSウルトラセブン」をゲット。

20090723ft01

今年3月に行われたコンサートを収録したCD。

このコンサートには行けなかったんだけど、4月に行われた桐柊会のコンサートは拝聴出来ました。

そこでピアノと打楽器による「ウルトラコスモ」を初めて聞いて、感動・・・いや感涙!

曲の中で、ウルトラセブンだけではなく、ウルトラマン、帰ってきたウルトラマン、

エース、タロウ、レオ、80、ジョーニアス・・・様々な旋律が入り乱れるんですよ。

その後「円谷英二生誕100周年記念CD-BOX」を入手、オーケストラ版「ウルトラコスモ」を堪能。

さて、今回の「冬木透CONDUCTSウルトラセブン」には、

「ウルトラコスモ」と「交響詩ウルトラセブン」が新録されてるわけですが、

もちろん以前発売された「交響詩ウルトラセブン」の方も持ってまして。

20090723ft02

あえて買う必要があるのか?と迷ってる方もいらっしゃるかと。

結論から言うと「買って損は無い!」です。

「円谷英二生誕・・・」収録の「ウルトラコスモ」は、第二楽章の「ゾフィのバラード」のトランペットのアドリブがキツイんですが、今回はマイルドな仕上がりに。

第4楽章の「スクランブル」テーマの部分は、「円谷英二生誕・・・」の方がテンポが良いかも?

この辺りは個人の受け取り方ですね、あえて言えばサントラ盤が一番かも。

「交響詩ウルトラセブン」は今回の方がダイナミックに感じました。

「冬木透CONDUCTSウルトラセブン」はDVDも発売されるんですが・・・どうしよっか?

|

« ええい、腹の立つ! | トップページ | グレンザイラーをリメイクする(その4) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。