« FELIX | トップページ | エイトール(その8) »

2009年12月16日 (水)

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説

観てきた!良かった!

20091216ultrare01_2

「大好きなブラックキングが出てるんならそれで良いや。

でも怪獣百匹大乱闘のシーンで探せるかな?」

・・・って、あまり期待せずに行ったんですが・・・

時間はわずかながら、ありましたよ用心棒怪獣の格闘シーンも!

他、いくつか感想を・・・

・内山まもる先生の描いた「ウルトラの星」を、ようやっと上回った。

・初っ端がベムラー対メビウス、格闘もしっかり描いてます。

・全編が異世界なのがちょっと寂しい・・・ま、未来の話なので。

・怪獣がいっぱい出てくるのが良い!ホントに良い!

・一方で(矛盾してるけど)一匹一匹の魅せ場はもっと欲しかった。

・「スピード」と「重量感」が、見事に融合してます。

・カプセル怪獣強いよ!まさか○○○○ー、お前がミクラスに負けるとは!

・群集シーンだけど、マックス&ゼノンが居たのが嬉しい。

・長谷川初範さんはやっぱ無理だったか・・・

・元首相だから棒読みは仕方ないか・・・ラストの演説は父にすりゃ良かったのに。

・プレッシャー岡村、居なかったよね?

・内山まもる先生の名前がエンドロールに・・・どのシーンに居たんだろ?

20091216ultrare02_2

↑これは昭和55年に朝日ソノラマから刊行されたもの。

名解説があるんです・・・

     ×          ×          ×

筆者は夢見る事がある。この「ウルトラマン」の世界の人間の子孫が

宇宙へ飛び出し、M78星雲のウルトラマンと再会する。

するとウルトラマンはこう語るのだ。

「私は何百年も昔、君達の星でくらしたことがある。

友よ、私は君達が来るのを待っていたのだ」

ウルトラマン、それは希望に満ちた人類の夢の象徴ではないだろうか!

     ×          ×          ×

・・・この夢は今回の映画の中で、見事に結実します。

「ウルトラマンマックス」の最終回にも通じると思いますが。

|

« FELIX | トップページ | エイトール(その8) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。