« シレーナ(その4) | トップページ | シレーナ(その5) »

2010年8月 3日 (火)

ZとZZについて(その1)

今月号のモデルグラフィックスは「ガンダムZZ」の特集。

あさのまさひこ氏が「マーチャンダイジング考察」を展開。

20100803mgzz01

一緒に写っているのが、当時のモデルグラフィックス増刊、

「ガンダムウォーズⅡミッションZZ」。

表紙のロボットが同じには見えないでしょう?

「マーチャンダイジング考察」を裏付ける様ですが、当時の別冊に、

小林誠氏・出渕裕氏・明貴美加氏の座談会が収録されてます。

20100803mgzz02

ZとZZについては、アニメをあんまり見ていないんです、私。

エルガイムやバイファムの様な「新しさ」が感じられなかったから。

アニメについても模型についても「(続編として)どう正しいか?」が

主流で、つまり「どう古いか」だと感じてたんですね。

だから掟破りのような小林誠氏の作例は大好きだったし、

アニメにはもちろん出てこないから、模型誌さえあれば良かった。

Zはボンボンで近藤和久さんの漫画読めば、ストーリー追えますし。

著作権者が強くなった今、模型作例に余りにも突飛な物は、

きっと許されないんでしょうね。

イマジネーションを描きたててくれる「形」を模型誌に求める方が

おかしいんでしょうけど。

|

« シレーナ(その4) | トップページ | シレーナ(その5) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。