« スーパーGT富士が中止 | トップページ | キュベレイ(その6) »

2010年9月11日 (土)

蒔田尚昊と冬木透の宇宙

昨日夜、行ってきました!

20100911minatomiraihole

今回の会場は、みなとみらい小ホール。

蒔田尚昊さん=冬木透さん…ご存知ウルトラセブンやワンダバの作曲者、

その教え子さんたちによるコンサート。

2台8手ピアノ・ヴィオラ・打楽器の7名で、蒔田/冬木宇宙を奏でてくれます。

20100911maitafuyuki

前半は…

★組曲「聞こえてくるのは・・」…原曲は女声合唱のための作品。

★哀歌…生と死、信仰、母の愛などを基調とした片瀬博子氏の詩が大元だそう。

★黙示録によるモテット…聖書をテーマにした?荘厳な曲。

…で、「女性」「母性」を強く感じさせる内容でした。

そして後半は…

★ピアノコンチェルティーノ・・・童謡を基に構成された懐かしく愉快な曲。

★交響詩「ザ☆ウルトラマン」…冬木先生自らが「ふるさと」と語った、

 アニメ「ザ☆ウルトラマン」のウルトラの星U-40をテーマにした曲。

…で、どちらも「故郷」テーマでした。

さてメインの交響詩「ザ☆ウルトラマン」ですが、当時のLP(後CD化)に

収録された「第4楽章 栄光への戦い」と「第5楽章 ウルトラマン賛歌」を

入れ替え、さらに随所に「ウルトラコスモ」の旋律も鏤められた内容。

交響詩「ザ☆ウルトラコスモ」と言っても良いんじゃないかな?

もう「ピアノとヴィオラと打楽器だけで…」とかいうレベルではなくて、

特に「第3楽章 アミア」では涙腺が緩むほど感動しちゃいました。

「異次元人も異星の美少女も、見事にみなとみらいに光臨した…」って感じ。

アンコールでは蒔田先生自身が登壇!

自らパーカッションを演奏しながら「ウルトラセブン」を演奏してくれました。

いやぁ!良かったよ!!

|

« スーパーGT富士が中止 | トップページ | キュベレイ(その6) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。