« やっと! | トップページ | 計画停電×自主節電 »

2011年3月15日 (火)

衆愚と人情

地震後の仙台に暮らす妻子に、物資を届けたい。

日曜月曜と、東京葛飾界隈を買出しで巡る、ところが!

電池もガソリンも携行缶も、どこへ行っても品切れ品薄。

ガソリンスタンドは、月曜お昼ごろには、軒並み店じまい。

スーパーやDIYショップの開店時には、ちょっとしたパニック状態。

水やパンまでもが売れる売れる!

切実なニーズもあるでしょうが、たぶん皆さん必要以上に買い漁ってる。

自分も含めて「人とは群れを成すと醜いなぁ…」と恥じ入りました。

昨日午後は、仙台に行く為のバイク探し。

「今日買って、明日朝には出発し、仙台の家族に物資を届けたい…」

と相談すると、どの店も親身になって聞いてくれました。

「区役所がやってれば、走ってでも登録してきますよ」とか

「もうこの近辺でもガソリン買えないですよ、意味無いのでは?」とか

「携行缶?貸してあげますよ」とか…

mixi仲間の同窓生からは、バイク貸し出しの申し出も。

一方で「今、行くべきじゃない!」と懸命に諭してくれる友達も…

いずれにも感謝してます、「人とは、個々がかくも優しいものか」と。

20110314seamonsseagolas_2

結局、仙台行きは様子を見ることにしましたが、

今回の地震と津波、学んだものが少なくなかった、と思えるのです。

|

« やっと! | トップページ | 計画停電×自主節電 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。