« 怪獣イラストを考える | トップページ | 仙台から帰宅 »

2011年8月15日 (月)

怪獣イラストを考える(その2)

『ウルトラマン決定版!怪獣カード』現代芸術社刊

20110815kaijyucard

発売されたのはおそらく『ウルトラマン』の放映途中。

18センチ四方の怪獣カード24枚・ソノシート・付録(パノラマ)のセット。

従兄弟からのお下がりなので、残念ながらソノシートと付録は紛失、

カードも1枚足りません(しかもよりによってバルタン星人?)。

カードは24枚中23枚がイラスト。

この中になんと!成田亨さんのイラストが多数入っているんです。

20110815kaijyucardtohlnarita

子供の頃は、成田さんの…というより「絵」そのものが、

怪獣のリアリティを否定している様で好きになれなかった。

「写真の方が良いのに…」って思ってました。

ですが今、ネットやDVDの普及、さらには特撮モノの書籍が溢れる中で、

絵としての怪獣表現は、逆に貴重に思えるのです。

上写真一番下、ケムール人の絵とか、いい色と構図だと思いませんか?

|

« 怪獣イラストを考える | トップページ | 仙台から帰宅 »

イラスト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。