« 蒼き鋼のアルペジオ04 | トップページ | 丸福珈琲店 »

2011年11月 2日 (水)

竜の学校は山の上

先週、出張で上京した友人からのプレゼント。

20111102ryuunogakkou

作者は久井諒子さん…初めて知りました。

9作の短編が収録されています。

そのどれもが、ファンタジーと現実の融合をシニカルに捉えたものばかり。

この世に、馬から進化した人間(ケンタウルス)が共存していたり、

同級生の背に翼があったり…

20111102ryuunogakkou02

読み終えた後、大学時代に戻った夢を見ました。

本の表題でもある短編『竜の学校は山の上』が一番印象に残ったんでしょう。

竜が実在しても、人間社会にとっては価値が低く、保護の予算も莫大。

そんな事態に真摯に向き合う大学生達の姿が描かれています。

なんの結論も出ません。そこがまたリアルでシニカルです。

|

« 蒼き鋼のアルペジオ04 | トップページ | 丸福珈琲店 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。