« フェラーリ(その2) | トップページ | フェラーリ(その4) »

2012年4月20日 (金)

フェラーリ(その3)

レースが好きな人にとっても『フェラーリ』は至高の存在でしょう。

20120420f1front

手前が312T…1975年のF1チャンピオン、不死鳥ニキ・ラウダの搭乗車。

奥がF2007。

20120420f1rear

レース活動は、巨額の資金を、毎年毎年かけて、やっと維持継続が出来ます。

しかもチームだけじゃなく、スポンサーにもそれが強要されるのです。

ずっとレース活動を続ける事は、実は1回2回優勝するより、遥かに困難なんじゃ?

さらにスポンサーが変わると、マシンの色も変わる事が多いんです。

フェラーリは創設以来「レース」と「赤」を継承してる…これはスゴイです。

20120420f40365lm

手前が365BBルマン、奥がF40コンペティツィオーネ。

テールがもう、とんでもない形になっています。

でもちゃんとカッコいい。

レーシングカー化された公道車がまた別の魅力を放つのも、フェラーリの特徴かも。

|

« フェラーリ(その2) | トップページ | フェラーリ(その4) »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。