« 池袋『狸穴』 | トップページ | 特撮美術館みやげ »

2012年8月 9日 (木)

特撮博物館

夏休みはイベントも目白押し。

先ずは東京都現代美術館で開催中の『特撮博物館』。

20120809tokusatsutitle

サブタイトルに「ミニチュアで見る昭和平成の技」と有るように、

この博覧会は実写の中でもミニチュア撮影を賛美したもの。

20120809tokusatsuposter

『巨神兵東京に現る』も「ミニチュアと判るように見せている・・・」節が。

「実物と見間違う事を目指すべき」なのか?

「ミニチュアと判ってもいいからインパクトを強調すべき」なのか?

…写実派と印象派との違いみたいなものですから、意見が分かれる所。

自分は前者だと思うのです、実写なんだから。

実際の特撮現場は、スケジュールが命、そのためにはミニチュアは、

壊れない事こそが要…壊れたら撮影スケジュールが止まってしまうから。

だから、日本のミニチュア特撮には、ディティールの細かなメカは

産まれようワケも無い。これが現実。

20120809tokusatsuset

それはさておき、『巨神兵東京に現る』は素晴らしかった。

そも特撮ファンの求めるものって、要約すれば10分で済んじゃうんじゃないか?

そして今回も「そのための林原です。」って事で…意味不明?

是非、会場に足を運んでみて下さい。

ちなみに、最寄り駅:清澄白河から、大人の男でも10分以上かかります。

10/8までなので、涼しくなってからの方が良いかも。

|

« 池袋『狸穴』 | トップページ | 特撮美術館みやげ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。