« ブラックバード | トップページ | 亀有『麺屋 天翔』 »

2013年1月11日 (金)

鬼の4日間

6日の深夜に父が逝きました。

高齢でしたから「いずれは…」とは思っていましたが、

頭が真っ白になったまま、ナケナシの現金と喪服を抱えて車に飛び乗り、

対面通行中の笹子トンネルを貫けて、7日早朝に親元の南アルプス市へ

到着し、すでに亡骸となった父と対面。

私は長男ですから喪主に…母は高齢ですから。

その後、昨日までの4日間が、どうにも現実離れでした。

菩提寺の御住職と、地元町内会の組長さん、葬儀屋さんとで段取りを決定。

火葬場の空きから、8日通夜、9日を告別式&初七日と決定。

お金の手配、あいさつ回り、諸連絡、母と妹のケア…

もう誰を信用してよいのかも、どうお金をかけるべきかも判らないまま、

実に大勢の人と出会い、多くのお金が懐を通り過ぎていきました。

結果は…とても上手く行きました。

私は何も出来なかった…ご近所の方々やお寺さんのおかげでした。

そして生前に父が築いていた、ご近所やお寺との信頼の賜物でした。

一方で、息子でありながら、父の事を…しかも優れていた面を、

全く知らなかったのだ…と思い知らされたのです。

息子から見た父親は、頑固で偏屈、お酒とお金にだらしなく、

家族との接し方も不器用な、とても怖い存在でした。

ところが、近所の方の評判は…まるで正反対でした。

1人の男として、父の事を知らなかった事が、今とても恥ずかしい。

遺影で優しく微笑む父の顔を見る度に、涙が溢れてくるのです。

父の事は「苦手」でしたが「苦手も愛のうち」だという事を覚えました。

さらに自分としても、昨年の妻との離別の後に突きつけられた「孤独」

というカードに、慄然とするばかり…

さてさて、昨日夜に東京に帰還、仕事始めが今日からになってしまいました。

父の死が教えてくれた色々な事を、仕事にも私生活にも、ぜひ生かして

行きたい…と思うのです。

…すみません、4日間の出来事に混乱して、上手く締め括れません。

ブログの方は7日~10日は仕込み更新だったのです。

|

« ブラックバード | トップページ | 亀有『麺屋 天翔』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。