« 葛飾区も初雪 | トップページ | 宇宙戦闘機烈風(その3) »

2013年1月15日 (火)

交響組曲宇宙戦艦ヤマト

先週末からかな?『宇宙戦艦ヤマト2199』の第四章が公開に。

予告編を見るにつけて、

「やっぱ音楽が良いよな~」とつくづく…あ!

たしかカセットテープ持ってた筈!…で探しました。

20130115symphonicyamato01

ありました!

ステレオを持っていなかった少年時代に買ったシロモノ。

久しぶりに聞いてみました…名盤ですなぁ!

20130115symphonicyamato02card

添付のリーフレットには西崎プロデューサーのメッセージと、

各曲に併せて西崎氏と作曲の宮川泰氏の対談が綴られています。

20130115symphonicyamato03mi

超巨大ミサイルを刹那で迎撃し、黒雲から出現する時のBGM、

第四章予告編の後半でも流れる『出発(たびだち)』…

管楽器(オーボエかな?)の旋律がカッコ良いんですが、宮川氏曰く、

ポール・マッカートニー作曲の『007』をヒントにしている、と記述が。

ヤマトの主題歌の旋律を使っていない事が冒険だった…とも。

この他にも曲に纏わる様々な裏話が面白く、あらためて感動です。

|

« 葛飾区も初雪 | トップページ | 宇宙戦闘機烈風(その3) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。