« ウィンダム(その1) | トップページ | ヨドバシカメラ仙台 »

2013年4月 3日 (水)

恩師の個展

20130403ruten01

実は日曜日~月曜日、仙台に居ました。

恩師の個展が開かれていたのです。

20130403ruten02

先生の絵は、具象物に見える部分は実は偶発性によるテクニックを使い、

曖昧な部分は逆に描きこんであるのが特徴。

「上下はどうやって決めてるんですか?」

…なんて失礼な質問もぶつけて見ました。

見比べて、感性でしっくり来る方向性を吟味・判断するんだそうです。

仮説と検証を繰り返して仕上げていってるんですね。

20130403rutenorenge

先生は宮城県の海沿いにお住まいなので、震災の時にも被害が。

震災後にお描きになった絵は、やはり沈んだ色の方が多かったそう。

無理に明るい色を使った絵は、ご自分でも納得がいかないものもあった

との事ですが、ご覧の様に派手な色彩の作品も、今は大丈夫みたい。

|

« ウィンダム(その1) | トップページ | ヨドバシカメラ仙台 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。