« ヤングキングOURs2013年11月号 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園 »

2013年10月 7日 (月)

竹内栖鳳展

20131007seihoutenbanner

竹橋の国立近代美術館で開催中の展覧会へ。

同級生から招待券を貰ったのですが、有効期限が昨日だったので、

行ってきました。

20131007seihoutenhanbyou

図録もゲット。

先々週の『美の巨人たち』で表紙の『班猫』が紹介されましたね。

この作家、鳥獣画が何より魅力的です。

そして若い頃は日本画の模写や様式美に則っていて、

描きこみも部分部分で執拗なんですが、

年齢を重ねていくうちに、そうした呪縛から解き放たれるように、

画風が自由奔放でダイナミックになっていくんですね。

20131007seihoutensyukyo

『秋興』…色使いも大胆!

ミント色を置いちゃってます。

そして『二龍争珠』に至っては、形も構図も入り乱れて二匹の龍の

感情までも描き出していました。

20131007seihoutenniryu

さて先週、お仕事が見本市対応、立って説明のし通しで、

さすがに体調をこじらせております。

この展覧会へ行ったのは無茶でした…本日は医者へ行って来ます。

|

« ヤングキングOURs2013年11月号 | トップページ | 旧芝離宮恩賜庭園 »

イラスト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。