« 浅草橋『麵や まるとも』 | トップページ | G-3シュツルム(その4) »

2014年4月12日 (土)

光の色の4K写真展

訪問は2週間ほど前・・・最終日でした。

20140412hikarinoirono4k01_2

4Kテレビをずらりと並べ、そこで写真家さんたちが自分の作品を

スライドショーで上映する・・・写真展としては新しいスタイルです。

複数の作家さんで1台のモニターを共有してる箇所もたくさん。

う~ん、これからの写真展って、この展示方が主流になるんでしょうか?

「紙焼きすると味が出る」的な発想は、もう過去の写真の概念でしょうか?

今や、写真の後加工…トリミングも合成もやり放題です。

「情報をいかに多く取り入れるか」が、写真の第一の価値観に成るのかも…

4Kの画格の中に映り込んでしまう情報たるや、凄まじいものが有ります。

かといって、やはり一瞬の可愛さとか、アングルの巧みさとかは、

とても重要だと思うんですよ、判り易いし、神の差配だし。

20140412hikarinoirono4k02

イラストや絵も、デジタルで作った物より、終始手描きした物の方が、

価値観は高いでしょう?

|

« 浅草橋『麵や まるとも』 | トップページ | G-3シュツルム(その4) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。