« 飯田橋『美斗家』 | トップページ | 翼の本(その1) »

2014年4月30日 (水)

異形は好きか?

20140430igyou

『電脳戦機バーチャロン』のバルーバスーバウと、

小林誠版バウンドドッグ=ガンプ。

どちらのロボットにも脚がありません。

こうした姿を、痛々しく無く、カッコ良く見せる所に、

「ロボットのデザインの妙」が有る、と私は思っています。

20140430igyougump

『機動戦士Zガンダム』に登場したバウンドドッグには、

ちゃんと足が有りますが、元ネタになったガンプはスカートの下が、

プロペラントタンクの束になっている…これはカッコ良いですね!

20140430igyoubbb

バルーバスーバウ。

後継機のバルバドスが脚の有る人間的なデザインだったので

がっかりした憶えがあります。

ですが水中戦仕様のバルーバロス、宇宙戦仕様のバルーケロスには、

やはり脚が無いんですよ。

怪獣等のモンスターでこれをやろうとすると、どうしても痛々しさ、

生理的嫌悪感が伴なうんですが、メカの場合は生々しさを払拭出来ます。

一つのオブジェとしてカッコ良く見せられるか?

あるいは「脚が欠損している」と見られるか?

デザインする人のセンスが問われる格好のモチーフですね。

|

« 飯田橋『美斗家』 | トップページ | 翼の本(その1) »

おもちゃ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。