« 飯田橋『ティーヌン』 | トップページ | 馬いタン »

2014年4月17日 (木)

深海のYrr

実は1年以上前に、友人から薦められた、海洋冒険小説。

この度、ようやっと読破しました。

昨年6月以降、本を読む機会が爆発的に減っていたんですね。

通勤電車ではずっとi-Pod聞いてましたから。

20140417yerr

お話の方は…深海の何かが、人間文明に報復を仕掛ける?

…的なSFです。

東日本大震災以前に映画化が決定してたそうですが、

津波のシーンが妙にリアルですから、

現在では日本マーケットでは上映は難しいでしょう。

上中下の3冊…大変なボリュームです。

海外が舞台ですから、登場人物の名前が憶え辛く、

しかも上巻では舞台もキャラクターも複数で同時多発的に展開、

時々読むには大変な記憶力が要請されます。

ところが中盤以降、複数の事件が繋がりだすと、主人公は空母!に集結し、

物語は一気に加速します!

さてさて、やはり本は良いですね!

自分は昨今、精神状態が非常にアンバランスなのですが、

現実逃避が1か所でも出来ると、ずいぶんと気持ちが楽になります。

|

« 飯田橋『ティーヌン』 | トップページ | 馬いタン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。