« 翼の本(その1) | トップページ | GW »

2014年5月 2日 (金)

翼の本(その2)

20140502birdbook

私は、鳥のモチーフは好きで、副業のモンスター系イラストや、

ロボットのデザインにも多用しています。

ガウディさんやミュシャさんの様に、自然界から様式美を編み出すのは、

とても理にかなっている、と思えるのです。

何故って、生命が作る形は、自然界で生き抜くための洗練された姿ですから。

20140502birdwasitaka

猛禽類も、種によって翼の形が異なります。

羽を広げた姿は、どれもカッコいいですなぁ!

20140502birdfukurou

フクロウ系についてはさらに、顔の面白さも加わるのです。

置物やぬいぐるみだと、常に愛嬌ある顔で素立ちの姿にされてしまいますが、

実際はとてもバラエティーに富んだ顔形が有ります。

そして飛んでいるときの姿は、流石に猛禽類!

愛嬌が薄まってカッコいいのです。

|

« 翼の本(その1) | トップページ | GW »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。