« カリオストロの城&風の谷のナウシカ | トップページ | ブラックドラゴンⅡ »

2014年6月23日 (月)

源内なかま講

20140623gennainakamakou

やはり高橋克彦さんの『だましゑ』シリーズです。

平賀源内、蘭陽、後の葛飾北斎となる春朗…といったレギュラーに、

(高田?)喜兵衛、鬼若といった新レギュラーが加わります。

…が、新キャラが登場した分、特に春朗の影が薄く、

鬼若も蘭陽とキャラが被るため、ちょっと残念な気もします。

また、基本短編集なのですが、オチが弱い物語もあり、

さらには超常現象が整然と描かれている事から、リアリティが損なわれ、

全体としてはパワーダウンしてしまった印象が有ります。

ですがシリーズはまだ続いてるんでしょうから、次に期待しましょう。

現状だと文庫本化されているのは、この本までかな?

|

« カリオストロの城&風の谷のナウシカ | トップページ | ブラックドラゴンⅡ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。