« 僕らはみんな河合荘 | トップページ | 写楽殺人事件 »

2014年6月 2日 (月)

キカイダー

20140602kiakidarposuter

京成線の吊り広告…もう上映中ですね!

ちゃんとハカイダーも出るんですね。

20140602kiakidarhakaidar

『人造人間キカイダー』は、石ノ森章太郎先生のアイデアが、

本当に詰った名作だと思います。

原作では「機械にも心が有る」というのが大前提になってるんですよ。

それはロボットのみならず、クルマや電化製品に至るまで…

「クルマだって、叩かれれば痛いと思う」みたいな描写も出てきます。

機械の心は「自我意識」と同じ意味で使われていて、

人間の心との違いは何か?がテーマの一つにもなっていて、

そのうえで『良心回路』というフックが生きて来るんですね。

主人公ジロー(=キカイダー)が、人間との恋、ロボットとの恋に翻弄されて、

ロボットでは無いアンドロイド=ハカイダーという宿敵を迎え、

その果てに「人間に成る…」んですが、そのオチは非常に哲学的です。

世界的にも、これほどロボットの心を描写した作品は少ないんじゃ?

20140602kiakidarcard

ダーク破壊部隊についても、以前コラム載せましたね…

   ×          ×          ×          ×

『僕たちの見たいメカアニメをつくろう』という公募企画で、

イグナックの作品『STAR STORKS』が候補に選ばれました。

ツイッター等もございますので、応援していただけたら幸いです。

|

« 僕らはみんな河合荘 | トップページ | 写楽殺人事件 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。