« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

レインブーツ

10月も終わり…いやぁ台風の当たり月でしたね。

18号直撃の朝、豪雨の中を無理して通勤したら、靴の中までグッショリ。

その後、両足首の周りに発疹が浮かび上がり、痒くて眠れないほど。

何とか治ったんですが、こりゃ雨雪用に靴を買わなきゃいかんなぁ…と。

20141031rainboots

結局、AMAZONで購入。

POLO CLUBサイドゴアブーツ4,980円也。

20141031rainboots03bland

Mサイズが25~25.5センチ、Lサイズが26~26.5センチ。

普段、US7.5(25.5)かUS8(26)かで迷う私にとって、

どちらにすべきか迷った挙句、Lサイズを選択。

結果、ピッタシでグッドチョイスでした。

20141031rainboots02soul

この靴底なら、雪の日も重宝しそうですな。

短い秋も終わって冬ですねぇ…

| | コメント (0)

2014年10月30日 (木)

銀座『大勝軒』

20141030taisyoukententou_2

場所は銀座ナイン…プランタン銀座や東映の筋向い。

訪店は、台風18号直撃の月曜日、15時ごろ。

先客は5名、後から2名…この時間ですから空いてますが、

お客さんはポツリポツリと途切れない…お店の遅番の方の利用とか多いのかも。

『味噌らーめん』もやしトッピング850円をオーダー。

20141030taisyoukenmoyashimiso850

5分弱で配膳!早い!

以下、個人的な感想ですが…

細麺が何ともグダグダです、湯切りが不充分なのでは?

たっぷりなもやしのシャキシャキ感が心地良く、

脂の浮いたスープは美味しいのですが、麺に絡まない、

味が薄まっちゃう感じです。

お値段は割高感が有りますが、銀座の一等地だしねぇ…

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

SKULL!SKULL!SKULL!

20141029skulvanilla

18日まで銀座で開かれていた、守亜さん含め3名のアーティストの個展。

画廊が地下ですし、行ったのが台風直撃の日だったので、

湿気でデジカメが曇る曇る!

20141029skuldragon

守亜酸のドラゴン…ペイントしてある一品物。

1体24,840円は妥当なお値段ですが、やはり手が出ませんでした。

20141029skuldragon2

いつもの墨入れバージョンは2体セットで16,200円。

買うか買うまいか、散々悩みましたが、今回はスルーさせていただきました。

20141029oviraptor


他のクリエイターさんのオヴィラプトル。

小さいながら精緻な造りにビックリ!

他の作品からも、たくさんインスピレーションを貰えました。

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

獅子

  20141028shishibox

先日の守亜さんの作品展で発注した獅子。

作品展から1か月後に、ようやっと入手出来ました。

20141028shishi

「ここにディティールが欲しいな…」という所には、

全て先回りで精緻な彫刻が施してあります。

カッコイイし、カワイイし、妖しい!

…これいいなぁ!普段使いにしようかな?

20141028shishiura

お腹や脚には、生命美学が溢れていて、とても面白い。

生き物に詳しくないと、このディフォルメは出来ません。

20141028shishigaluda

以前入手した「ガルーダ」と。

そこそこなお値段ですから頻繁には買えませんが、

集めて並べると、また違う楽しみがありますね。

| | コメント (0)

2014年10月27日 (月)

石田三成

三成侯の古本をまたゲット。

徳永真一さんの作品です。

通勤時間で読破しました。

20141027ishidamitsunari

以下、個人的な感想です。

童門冬二さんの石田三成…演出の無駄を省いた教科書的な内容と比較して、

この本は描写が緻密。

小説としてのエンターテインメント性も長じている…と感じました。

茶々(淀)様との出会いが青年期だった…としているのが最大の特徴。

同じ近江出身ですから、有り得る事です。

関ヶ原についても、石田一族の趨勢に至るまで、リアリティーが有ります。

「一族は、一人傑出した人間が登場すると、結果皆不幸になる…」

とは私の父の言葉なんですが、石田一族にも当て嵌まるんじゃないかと。

反面、実家族とのコミュニケーションや、島左近との関係は、

あまりクローズアップされていません。

また、義を重んじた三成候が、果たして淀殿のために関ヶ原の合戦を決めるか?

については、やや信じ難い…と思うのです。

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

パーキングメーター

20141026pm

昨日は通院時、久しぶりにパーキングメーターを活用。

…20年ぶり以上じゃないかな?

都内も駐車場が結構増えて、使わなくなってますよね。

20141026pm2

今月は体の調子がどうにも良くないです。

足の甲に原因不明の発疹が続いたり、

熱も無いのに頭痛があったり…

今回は左首のリンパ腺が以上に膨れ上がり、

後頭部に大きな腫物が見つかりました。

体が高齢者シフトになったのかもしれません。

この土日は家の中でリラックスして過ごしたいと。

20141026neck

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

上野『光麵』

20141025koumententou

場所は、上野御徒町駅と京成上野駅の間くらい。

この界隈はラーメン激戦区でもあるんですよね。

やはり14時過ぎの入店、先客3名、後から2名。

20141025koumensarvis

『つけ麺』830円をオーダー。

サービスで味付玉子をチョイスしました。

20141025koumentikutsuke

約三分で配膳!早い!

なんと玉子は元々、半身が入っていたのですね、1.5個入りになっちゃいました(笑)。

サラリとてザラリとした?つけダレは魚粉が多くて香ばしいです。

極太までいかない程度の太麺。

チャーシューは鳥と豚のダブル、つけダレと合わせると風味の差が明確に。

20141025koumensupewari

スープ割は徳利で提供されます。

ごちそうさまでした!

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

空の大怪獣ラドン

20141024radongarekibox

大昔のガレージキット。

ボークス製、原型は圓句明宏さん。

値札がついてます…15,000円!

大学初任給が20万円ちょっとの時代です。

20141024radongareki

結構でかい!

翼は横幅60センチあります。

小さなラドンのおまけつき。

20141024radongarekimeganuron

1センチほどの、メガヌロンまでついています!

未組立で押し入れに眠っていたのですが、今回お仕事で用立てることに…

それにしてもラドンの初代って、カッコいいなぁ!

| | コメント (0)

2014年10月23日 (木)

平成ゴジラクロニクル

20141023godzillachronicle

お仕事用に購入。

平成ゴジラ…と言うよりは、VSシリーズのクロニクルです。

20141023godzillabiorante

ビオランテのアップ。

どういう全身なのか?人類の敵なのか味方なのか?

よく判らない怪獣ですな。

『帰ってきたウルトラマン』のレオゴンの親族…脚本家が同じです。

20141023godzillasuperx2

スーパーX2のアイデアスケッチの数々。

スタジオぬえ案も有ったとは知りませんでした。

この時点で、ロボット化もアイデアが有ったんですね。

20141023godzillamechagodzilla

メカゴジラのアイデアスケッチ。

ダイアクロンのロボットベースやロボット要塞Xに近いかな?

大判にしてカラーページも全体の半分も…

これはお買い得な資料ですね。

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

渋谷『三田製麺所』

20141022mitaseimenjotentou

チェーン店ですからあちらこちらに有りますが、渋谷のこのお店は初めて。

どうやら今年8月にリニューアルオープンしたばかりの様です。 

平日14時過ぎでしたが、ほぼ満席。

『つけ麺』(大)730円をオーダー。

20141022mitaseimenjotsukemendai730

ドロっとした漬け汁がともかく美味しい!

極太麺は、もうちょっとコシが欲しかったかな?

案の定、漬け汁は使い切っちゃったんですが、

スープ割を頼んだら足してくれました。

渋谷の一等地にしてこのコストパフォーマンスは大変良いですね!

| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

ヴァイザッハ

ダニエル・サイモンの影響を受けて、リニューアルを計画中の過去作品。

20141012carreragt

元は、ポルシェカレラGTをモチーフにしたアンドロイドでした。

20141012vizach01fumen

ガンカタ使いにしようとしてたんですね。

顔がカレラGT!これけっこう気に入ってます。

また、シルバーに紫と茶色で照り返しをつける手法も、

この作品から始まりました。

20141012vizach02gin

古代ロボットという設定に使いまわした作品。

これは剣がお気に入り。

今回もし描きなおすとしたら、イメージは「騎士」にしようかと。

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

サイレント・ランニング

古典的なSF映画。

ダグラス・トランブル監督作品です。

少年のころにTVで見たきりだったんですが、DVDを購入。

1500円以下とは…良い時代になったもんです。

20141013silentrunning

とある自然崇拝主義学者?の、孤独な宇宙の逃亡忌憚。

小さなロボット達が出てくるんですが、

これはSTARWARSのR2-D2の先駆け的な存在です。

今見ると…的な部分は勿論あるんですが、これぞSF映画!

いやぁ名作ですなぁ!

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

葛飾北斎

20141019hokusaient_2

上野の森美術館で開催中の北斎展へ。

平日午後にも関わらず、結構混んでました。

浮世絵はサイズが小さいので、混んでると前に出れずに、

見辛いんだよなぁ…

以下、写真は撮れないので、絵葉書でご紹介。

20141019hokusaitsubame

『紫陽花に燕』

北斎の自然に対する観察眼は、高橋勝彦さんの『だましゑ』シリーズでも

語られていますが、これはそれがよく判る一枚ですね。

燕の尾と、紫陽花の花びらのデッサンが見事です。

20141019hokusainozikikouheiji

実物は、緑の発色にビックリ!の『百物語 こはだ小平二』

刷り師に因るところも大きいかもしれませんが…

20141019hokusainamiura_2

印象派の画家たちの度肝を抜いた『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏』

うねり聳える波、翻弄される船、小さな富士山…

意匠化も構図も、すごいですよね。

いや、勉強になりました!

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

遅れた夏休み土産

10月もはや中旬…

先月は遅れて夏休みをとった同僚から、お土産…

20140930chinsukou01

沖縄じんべえざめちんすこう!

けっこう硬めで、良い意味でクッキー。

紅イモ感は薄かったけれど、ありがたく頂戴しました。

20140930chinsukou02


おお!ちゃんとジンベイザメの形しとる!

そして8月中に会えなかったお友達からは、ロシア(フィンランド?)土産…

20140930xpycteam01pkg

これ、食べてみたら甘くないんだ、適度な塩加減。

20140930xpycteam02

また太っちゃいそうだなぁ。

自分は…夏休み未消化です。

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

歌麿殺贋事件

昨日の『広重殺人事件』から間髪入れずに読破。

20140925utamarotop

これは短編集でした。

前三作と、浮世絵と贋作、そして主要登場人物は変わりませんが、

ぐっと読み易かった感があります。

文体が、雑誌編集者で呑気キャラの、杉原の記述として語られているのも、

その要因だと思います。

そして一冊を通してみれば、勧善懲悪に成ってるんですね。

20140925utamaro4

さてさて、ボストンの北斎が上野に来てますしたね。

何とか暇を見つけて、浮世絵の本物と会いたいなぁ…と。

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

広重殺人事件

高橋克彦さんの、浮世絵推理三部作の三冊目。

20140924hirosigesatsujinjiken

冒頭で主人公の奥さんが、山寺で自殺。

さらにあろうことか主人公も…

全編に陰鬱なムードが漂い、読んでてけっこう凹みました。

自分は学生時代が仙台なので、山寺にも度々訪れていて、

いろんな人との思い出の地でもあるんです。

『写楽殺人事件』『北斎殺人事件』を通して、

主人公・津田良平にはあまりにも死の影が付き纏い過ぎてます、

謎解きや浮世絵探求よりも、同情が先走ってしまいました。

20140924hirosigesatsujinjiken4

さて本作で、主人公が津田良平から、塔馬双太郎にスイッチします。

塔馬が登場する高橋作品はけっこうあるみたいですね、

取り急ぎ『歌麿殺贋事件』は読み始めてるのですが、

探して読まなきゃ!

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

御成門『Shangri-La』

20141002shangrila01ent

新橋愛宕山東急インの1階にあるレストラン。

ステーキ食べ放題&飲み放題で4,980円!って事で、

お友達と行ってきました。

20141002shangrila02frozb

呑み放題にフローズン生がありました!

呑んだの初めて!

ほんとだ、泡が凍ってら!

口当たりいので3杯ほどいただきました。

20141002shangrila03stake

ステーキはレア・ミディアム・ウェルダンを一枚ずつ、次々にオーダー。

20141002shangrila04chazduke

ラストは、永谷園コラボで茶漬けが来ます!

ステーキは秀でる部分が少なかった様に思いますが、

普通に美味しく、何よりコストパフォーマンスは抜群でした!

| | コメント (0)

2014年10月14日 (火)

西麻布『五行』

20141014gogyoutentou

場所は青山墓地や国立新美術館にほど近く。

土曜日15時過ぎの入店だったので、お客さんは他に1名のみ。

『焦がし醤油麺』880円をオーダー。

サービスで大盛りにしてもらえました。

5分強で配膳。

20141014gogyoukogashisyouyu

これは…好き嫌い分かれるでしょうね。

スープは「香ばしい」を通り越して「苦い」です。

黒い色で判り辛いんですが、脂っぽさも相当です。

麺は細く、味や歯応えを主張しないタイプ。

チャーシューは中振りですが厚めのが2枚。

けっこうクドイ系ですね、クセに成る可能性も高いかも。

他店では出会えない、不思議な味でした。

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

スヌーカー/プランチャ

豹人型のロボットです。

元はプロレスラーのスーパーフライ・ジミー・スヌーカがモデルです。

20141011snuker01

80年代初頭に描いた、最初のデザイン。…我ながら酷い絵だなぁ(笑)。

豹型のオーラバトラーを描きたかったんです。

「オーラコンバーターが、通常とは逆に、上から下に開く…」

という設定は有ったんですが、それは描き込まれていません。

20141011snuker02

次に描いた絵…この絵だとオーラコンバーターが描かれています。

毒ガス怪獣ケムラーの甲羅の様に、二枚に開くわけです。

この絵は顔が、友達に不要だったなぁ…

20141011snuker03prancha

数十年して、格闘エンタメロボットとして描き直したのがこちら。

名前もプランチャになりました。

さて、この「豹人」コンセプトも、いずれリメイクしたいと考えてます。

多分今度描くときは、ダニエル・サイモンの影響を受けつつ、

ハルク・ホーガンも混ぜちゃうでしょうね。

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

βplus

ダニエル・サイモンの影響下で、過去作品をいくつかリファインしてみたい。

βザイラー系は、真っ先にやってみたい。

20141004betaziller

ベータザイラー

ゴルゴザイラーの高速強化型。

後継機として作られた実験機。

スーパーホーネットみたいな位置づけ、ただし後継機としては不採用。

赤いマントがお気に入り。

これはかなり古い絵です。

20141004betaplus

ベータプラス

ベータザイラーの特別仕様機。

ザク06R2ジョニー・ライデン機的な存在。

元々「ゼータプラス」ってのがSONY「βプラス」の言葉遊びだったんじゃないか

と思うんですが、こっちは商標関係ないんでそのままネーミング。

20141004betaplus_2

これなんか、鉛筆描きに直接デザインインクで着色してる。

リファインしたらカッコ良くなると思うんだけど…

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

ダニエル・サイモン

20141003simontop

先日、お友達からこのクリエイターの存在を教えて貰い、

サイトを見たら好みのメカデザインだったので、

作品集をゲットしました。

20141003simoncg

CG?合成が上手いので、リアリティーが溢れてカッコいい!

デザインも、ディティールの細かさより、立体の判り易さを優先しているのが、

とても勉強になりますね!

20141003simonwheel


このホイールが、もっともこのデザイナーの持ち味を象徴しているかと。

「カプセル型基調」

「素材感」 

「清潔感のあるレトロフューチャー」…等々。

他の作品からは「ロゴやマークの大胆な活用」も特徴に挙げられるでしょうか。

シド・ミード的なカルチャーショックが少し。

実際にシド・ミードもコメントを寄せています。

20141003simongirl

女性モデルとのコラージュも良いアクセント。

諸々影響されました。

何か描いてみたくなる・・・

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

ヒトラー暗殺事件

先月、ケーブルテレビでトム・クルーズ主演の「ワルキューレ」をやってました。

そこで第二次世界大戦ブックスのこの本を持っていたことを思い出し…

20141010valkyrieconspirators

映画の冒頭で、ヒトラーの乗った飛行機を爆破する「電光」作戦が失敗するんですが、

この本では…

「これ(時限爆弾の雷管)が作動しなかったばかりに、

数百万の男女や子供の生命がうしなわれることになった。

強制収容所では、大量殺人が大規模で行われていたし、

東部戦線では無数のロシア人とドイツ人の生命がうしなわれ、

またドイツでは、数十万の人が激化する空襲の炎のなかで死んでいったのである。」

…とされています。

おりしもスコットランドの独立選挙とほぼ同時だったので、

ヨーロッパの各民族の存亡についてまでも思いが及んでしまいました。

20141010valkyriehunger

「~“やつらが生肉のように吊り下げられることを望む”

これがヒトラーのことばであった。」

…背筋が凍りますね。

20141010valkyriestauffenberg

トム・クルーズが演じた、伯爵クラウス・フォン・シュタウフェンベルグ大佐。

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

火城

高橋克彦さんの「本格歴史小説」。

幕末の肥前佐賀藩士・佐野常民の前半生を描いています。

後に日本赤十字社を設立した方で、さらに高橋克彦さんとしては、

ウィーン万博の日本側の実質的責任者、

即ち「西洋に浮世絵を邂逅させた人物」として尊敬する人物なのでしょう。

20141009kajyou

残念ながら、この本では、大政奉還以前で物語が終わっています。

そして個人的には、涙もろくてしたたかな主人公が周りを巻き込んで行く様が、

あまり快感には映りませんでした。

…たぶん、自分に似てるからかも知れません。

幕末佐賀における、企業内起業家の体が有ります。

それって、若いころの自分のお仕事にそっくりなんですね。

自分の仕事ぶりって、きっと見る人には迷惑千万に映っていたんだろうなぁ…と。

| | コメント (0)

2014年10月 8日 (水)

月島『まぐろ屋』

20141008maguroyatentou

けっこう久しぶりに月島でもんじゃ。

お店のセレクトはお友達ですが、度々著名人が訪れてるようです。

もんじゃストリートから一本外れているので、お忍びで来店しやすいのかな?

20141008maguroyaminja

もんじゃは頼めばお店の方に作ってもらえます。

抜群のとろみと香ばしさ!

20141008maguroyayakiudon

焼うどんも目の前で作ってもらいました。

食欲の秋ですね、太っちゃったよ(泣)

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

ヒカリエから銀座線

20140928hikarie02ginzasen

ヒカリエの上層階から下を覗くと…そうか、銀座線も見えるんですな。

線路の先が、終点渋谷。

20140928hikarie03ginzasenup

新旧の車両が行き違いに。

階を下がって、連絡通路から見ると…

20140928hikarie04renrakutuuro

その昔、モーニングに載っていた漫画で…

「銀座線は地下を走っているけど、終点の間際で空を飛ぶ」

(浮かび上がるように地上に出る)と表現した短編が有りましたっけ。

その部分を、間近で見下ろす日が来るとは…

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

イアン・ウー展

渋谷ヒカリエで9/29まで開催されてた展示会。

20140929ianwoo01ent

シンガポール出身、イギリスやオーストラリアでも学んだことがあるそうで。

抽象画は、私は見方がド素人です。

色彩の配置やマティエル等で、空間や旋律、そして情感を表現するのが

抽象画…と解ってはいても、やはり具象画と比較すると、

絵の作り手側と受け手側に、共有する物が曖昧であるため、

受け手のメンタルによって印象が変わってしまうから。

よほどピュアにならないと、印象画を受け容れる事は難しいのだと思います。

私は元々、理屈っぽいですし、物の観方もバイアスが掛かり過ぎてますから。

20140929ianwoo02

このアーティストは、西洋と東洋のコンビネーションが優雅である

…という事ですが、これも受け手の環境(国籍や生い立ち)、

瞳の色等で、様々な解釈に成る事でしょう。

20140929ianwoo03

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

行動展(その3)

行動展に有った具象画…というにはあまりに抽象的な作品が多かったですが、

やはり琴線に触れたものをご紹介。

20141007koudoutengushou01

山のてっぺんの木々の精密な描写と、手前の水面の対比が

むしろ奥行きを感じさせます。

ライティングで画面が光って見えてしまうのが残念!

20141007koudoutengushou02

色使いが、日本の原風景を想起させてくれます。

タッチは粗目ですね。

20141007koudoutengushou04lyer

抽象画と見まごうばかり、現代の街の喧騒と虚構を再現した作品。

20141007koudoutengushouhatanaka

さて、気に入った作品はなるべくポストカードを買うようにしてるんですが、

気が付くとこの作家さんの作品は毎年買ってました。

今回の作品…一番下は、パノラマ状に人物をキュビズムしてます。

いやぁ計算されてますねぇ!

| | コメント (0)

2014年10月 4日 (土)

行動展(その2)

行動展には、たくさんの抽象画が。

自分の琴線に触れた作品を、勝手にご紹介。

20141006koudoutencyusyou01red

赤い鋭角と、タッチのスピード感が鮮やかですね。

20141006koudoutencyusyou02silver

これ、シルバーなんですよ。

写真じゃ絶対伝わらないなぁ…

20141006koudoutencyusyou03mono

モノトーンがジャポネスクとサイエンスを想起させる一枚。

20141006koudoutencyusyou04perpl

紫とピンクの収束&解放感が気持ち良いですね。

   ×          ×          ×          ×

抽象画は観方が難しいですね。

色彩の配置やマティエル等で、空間や旋律、

そして情感を表現するのが抽象画…と解ってはいても、

やはり具象画と比較すると、絵の作り手側と受け手側に共有する物が

曖昧であるため、受け手がよほどピュアにならないと、 

作り手の伝えたいものを受け容れるのは難いんじゃないかと。

音楽で言ったら、ドビュッシーに近いでしょうか?

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

行動展(その1)

20141005koudoutenkokuritsushin_2

先月29日まで、国立新美術館で行われていた展覧会。

オルセーに続いて、先月は2回目の訪問。

20141006koudoutenent

高校時代の恩師が、一枚出展なさってたんです。

招待状を戴いてるので、毎年拝見しています。

今回は二階の会場のTOPに展示されていました。

20141005koudoutenruten

『流転'14-9』…おそらくは今年9枚目の作品。

サイズの大きい作品を、年に何枚も!精力的ですね。

20141005koudoutensakuraicard

ポストカードで辿る『流転』シリーズ5年間。

震災を超えて、心象風景に横たわる宇宙の変遷…

20141005koudouten3d

さて会場には、彫塑の作品群も並んでました。

良い意味で、己の美学をシャッフルしてもらいました。

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

ヤングキングOURs2014年11月号

20141002ourstop

一昨日発売された最新号。

先月号は休載が多くて悲惨でしたが、

今月号でも『超人ロック』と『ドリフターズ』が休載。

20141002oursarpegio

『蒼き鋼のアルペジオ』は30ページ。

コンゴウ様換装完了!

ゾルダン暗躍再開!

続く!…みたいな。

20141002ourskawaisou

『僕らはみんな河合荘』は衝撃展開!…と思いきや?

ああもう!宇佐くん、椎名ちゃんと付き合っちゃいなよぉ!(笑)

ヒロインの律ちゃんの気持ちはもう決定ですね。

収束に向けて、最後の大波乱かな?

20141002ourscomics

コミックス新刊の情報…『河合荘』は当然ゲットとして、

先月から急展開してる『スピリットサークル』どうしよう?

内容が深く面白いので、この際、コミックス揃えようか?

   ×          ×          ×          ×

さて、昨日より風邪気味…微熱も有ります。

お仕事の方も、昨日から本日にかけて、積み上げたものが崩れちゃったので、

メンタルでもけっこう応えてますが…ここは乗り切って見せますよ!

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

アルドノア・ゼロ

20141001aldnoahzero01top

7月より放映されたアニメのコミカライズ。

8月に再開した友人から、

「ロボットものなのに観てないんですか?」と言われちゃいました(笑)。

いや、マークはしてたみたい…その証拠に、1&2話は録画してありました。

20141001aldnoahzero02obi

コミックスの方は、よほど急いで出版されたものなんじゃないかと。

帯も2色ですし、カバー裏もロボットの設定画だけ。

20141001aldnoahzero03enemy

敵方のロボットの方がカッコいいかも。

三脚?

20141001aldnoahzero04figter

お!こちらは輸送機ですな。

翼端の、鳥の様な羽が好みですね。

さて、改めて見直してみますか!

・・・あ!今日から10月、改編期!

今期は何をマークしてりゃいいんでしょう?

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »