« 行動展(その3) | トップページ | ヒカリエから銀座線 »

2014年10月 6日 (月)

イアン・ウー展

渋谷ヒカリエで9/29まで開催されてた展示会。

20140929ianwoo01ent

シンガポール出身、イギリスやオーストラリアでも学んだことがあるそうで。

抽象画は、私は見方がド素人です。

色彩の配置やマティエル等で、空間や旋律、そして情感を表現するのが

抽象画…と解ってはいても、やはり具象画と比較すると、

絵の作り手側と受け手側に、共有する物が曖昧であるため、

受け手のメンタルによって印象が変わってしまうから。

よほどピュアにならないと、印象画を受け容れる事は難しいのだと思います。

私は元々、理屈っぽいですし、物の観方もバイアスが掛かり過ぎてますから。

20140929ianwoo02

このアーティストは、西洋と東洋のコンビネーションが優雅である

…という事ですが、これも受け手の環境(国籍や生い立ち)、

瞳の色等で、様々な解釈に成る事でしょう。

20140929ianwoo03

|

« 行動展(その3) | トップページ | ヒカリエから銀座線 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。