« 実伝 石田三成 | トップページ | フルーツ系カルピス »

2014年12月18日 (木)

南朝迷路

20141218nanchoumeirotop

高橋克彦さんの小説。

『パンドラ・ケース』『百物語の殺人』と同じ主人公たち。

チョーサクとリサが主人公ですが、トーマ(塔馬双太郎)もしっかり登場。

20141218nanchoumeirocatch

後醍醐天皇の隠し財宝が主軸ですが、真言立川流の存在にビックリ!

髑髏がこの密教の象徴らしいのですが、そういえば山田風太郎さんの

『婆沙羅』にも、後醍醐天皇と髑髏の描写が出てきましたっけ。

日本の歴史の闇、興味深いですね…

|

« 実伝 石田三成 | トップページ | フルーツ系カルピス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。