« タイタンスペースナイト | トップページ | TAKA:Q »

2014年12月 5日 (金)

春信殺人事件

20141126harunobusatsujinjiken

高橋克彦さんの浮世絵ミステリー。

「美術探偵 仙堂耿介」とありますが、中盤から塔馬双太郎もしっかり登場します。

仙堂耿介の方が、若いだけにやや不完全で、ハードボイルドが引き立ちますね。

濡れ場が有るのも特徴じゃないでしょうか。

浮世絵の贋作?とリストによる詐欺…というスタイルは、シリーズ共通です。

自分にはちょっと回りくどい感じがあるんですが…

そして絵師に対する大胆な仮説が絡んでくるのが、大きな特徴ですね。

今回も司馬江漢の秘密が登場します。

『風雲児たち』と合わせて読むと、尚面白いかも。

|

« タイタンスペースナイト | トップページ | TAKA:Q »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。