« かげゑ歌麿 | トップページ | 飯田橋『七宝麻辣湯』 »

2016年5月11日 (水)

水斬の剣

20160505suizannokentop

義元謀殺』と同じく、鈴木英治さんの時代ミステリー。

冒頭の身元不明の遺体から始まって、首無し死体やら領主の誘拐やら…

いつもながらのハードボイルドです。

登場人物の伏線や描写にもそれぞれ意味があり、

ラストもほぼスッキリ解決しますので、これは面白かった!

通勤時間毎に細切れに読むには適さない、骨太かつ緻密な作品でした。

鈴木英治さんの作品、今回読んだのが3作目になるんですが、

人気作家さんですから他にもたくさん出ています。

もうちょっと読んでみようかな?…と。

20160505suizannokenback

|

« かげゑ歌麿 | トップページ | 飯田橋『七宝麻辣湯』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。