« 八丈志麻(その7・完成) | トップページ | 秋葉原『塩たいぜん』 »

2016年6月 8日 (水)

大江戸恐龍伝

20160609oedokyouryuudentop

夢枕獏さんの冒険小説。

全6巻、読破しました!

20160609oedokyouryuudentogaki

巻頭に、円谷英二さんへの奏上が。

読み進むうちに、沖縄の神話がクローズアップされてきて、

ウルトラ…特に『ウルトラQザ・ムービー』的なお話かな?

と思いきや、実はゴジラでありキングコング!

『ポーラーボーラ』にも近いかも。

20160609oedokyouryuudenura

長谷川平蔵(鬼平)や杉田玄白、田沼意次も登場しますが、

主人公は平賀源内先生。

やりたい事が有り過ぎて、やがて行き詰って行く源内の心情を、

恐龍の姿に重ねて、見事に描写しています。

様々な裏付けに、奇想天外なSTORYが調和して、

私にとっては、平賀源内を正確に浮き彫りした、

素晴らしい伝奇小説でした。

|

« 八丈志麻(その7・完成) | トップページ | 秋葉原『塩たいぜん』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。