« 飛翔の可能性 | トップページ | ゴジラグッズ »

2016年8月 9日 (火)

ネタバレ注意

20160809godzillapanf

一時は劇場で売切れていた『シン・ゴジラ』のパンフレット。

「映画をよりお楽しみ頂くため、映画ご鑑賞後にお読み下さい。」

…と裏書された帯が掛けられています。

今回、徹底した情報規制は、とても成功だったと思います。

ここ数年…特に漫画やアニメの実写映画化について、

本当に世論が厳しくって、見に行った後にその評価を聞いて

「え?そんなにひどい映画じゃ無いと思うんだけど?」

…なんてケースが多々有りました。

映画は、例え駄作でも、見た奴の勝ち。だまされたと思うのも、楽しみの内

…じゃないかと。

風評被害によって、その後のシリーズが閉ざされたり、

エンターテインメントの表現の自由が規制されるのは、

大変残念なのです。

20160809godzillagsakuhin

第一作の『ゴジラ』も、徹底した秘密主義で作られたと聞いています。

タイトルも『G作品』とされて、ゴジラの名前も隠匿していたんだそうです。

(ネーミングが決まっていなかったのかも知れませんが。)

音楽を創られた伊福部昭さんも、円谷英二に頼み込んでようやく

ラッシュを見せてもらえた…なんて逸話も有りますね。

20160809godzillafirstdesign

初代ゴジラの顔の初期デザイン…原爆のキノコ雲がモチーフだそうです。

秘密にしたのは、戦争で大変な思いをした人への配慮もあったのかも?

そして今回も、東日本大震災で被災した方にとっては、

目を覆いたくなるようなシーン、確かにありますよね。

|

« 飛翔の可能性 | トップページ | ゴジラグッズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。