カテゴリー「飛行機」の記事

2016年8月23日 (火)

MJ号(その7)

20160824mjjfmonoprocess

ジャンボフェニックスの明暗塗り分けに移行…まだまだ途中。

光源が向かって左奥、下から海面の照り返しが有る…とすると、

果たしてどう陰影を着けりゃ良いんだか?

20160824mjjfmonoprocessup

アップはこんな感じ。

ネットで漁っても、戦闘機のこの手の角度・光源の写真が見つからない。

キャノピーで苦戦中!

20160824mjjfcolortest

仮色を着けて配置してみる…ありゃ!

そうか、MJ号より前だから、もっと明暗の落差出さないと。

ディティールももっと描き込まなきゃいかんなぁ…

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

出雲マテリアル

一昨日に放映された『ぶっちゃけ寺』は出雲大社の特集。

きわめて興味深かったのは、空中神殿が立証されていたという事実。

今は無き本殿の高さは48mというから、ウルトラマンより大きい!

ガンダムの3倍以上もある。

しかもその柱は、木材であったらしい!

20160309kougyouzairyou

私が、未来空想物のマテリアルとして使いまわすのは…

■ウィスカー(分子欠陥の無い、理想金属)

■超重合プラスチックス(合成樹脂)

…ですが、木材というのもアリなんじゃないか?と思い立ちます。

建築関係の方なら、鉄筋コンクリートよりも木材の方が、

設計や立地、メンテナンス次第で耐久年数が永い事は周知の事実。

思えば、歴史的建造物のほとんどは木造ですし。

(そういえば『マスターキートン』でも、キートン太一博士の提唱する

 ドナウ文明は、木を拠り所にしていたために、石器文明と比較して

 発見がされ難い…って話じゃなかったかな?)

第二次世界大戦時には、木造戦闘機デハビラント・モスキートが、

金属製の飛行機を向こうに回し、大活躍をしたじゃないですか。

20160309mosquito

そこで、バイオ工学・宇宙栽培等で、理想の木材を得るための

「宇宙樹木」を精製し、それでロボットをくみ上げたとしたら?

燃えやすいとか、水に浮くとか、弱点も多々出そうですが、

そこはまたドラマとして展開出来るんじゃないかと。

「樹から糧を得て、気を慈しみ、守ろうとする人類」と、

「樹を燃やして消費する人類」との葛藤なんてのもロマンチックだし。

…いやいや自分が知らないだけで、もうそうしたSFは在るのかも

しれないですけど。

この木製ロボットのデザインを武者から作り上げたら、

『ガサラキ』になっちゃうでしょうか?

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

SWANS SONG

20150602swanssong

ロバート・テイラー画伯の航空絵画。

海外のオークションでゲットしました。

長ッ鼻のフォッケウルフ…Dタイプが高々度で戦う様が描かれています。

グンター・ラルのサイン入り。

20150602swanssongup

急旋回するP51ムスタング。

遠目にはあまり目立たないんですが、このサイズになると

緻密な描写が目に留まりますね。

20150602swanssongkanteisyo

絵の保存状態は良いのですが、印刷が妙に黄色い気がします。

まぁ、鑑定書付きだから良いか。

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

私の航空博物館

20150205obahiroshiwestland

これは1993年のカレンダーの切れ端…エーザイの販促物だったかな?

あまりにも雰囲気が良くって、とっておいたんですね。

描かれているのはウエストランドP5…モスキートに似てますね。

そして描いたのは、おおば比呂司さん。

おおばさんの絵をもっと見たいな、と思い立ち・・・

20150205obahiroshitop

古本を買ってみました。

『私の航空博物館 コントレール(飛行機雲)を追って』

昭和55年(1980年)に刊行された本です。

20150205obahiroshicolor

残念ながら、カラーページはほとんどありません。

それでも…

20150205obahiroshiharier

飛行機のディフォルメイラストはもう本当に見事。

チョロQとか以前に、これだけ面白いイラストを沢山描かれてたんですね。

そして本文も・・・どうやら相当面白そうです。

これからじっくり読みたいけれど…脳と精神が、仕事でキャパ一杯。

家に帰っても、好きでも無いジャンルのアニメを何本も観なければならず、

イラストは勿論描けないので副業が出来ないばかりか、

この間買ったヤングキングOURsすら読み切れていないのです。

心がダッジロール中。

ピンチ。

| | コメント (0)

2014年6月18日 (水)

シルバーガル

20140527silvergul01

昨日のスカイハイヤーと同じく、『ウルトラマン80』に登場する戦闘機で、

当時発売されていたポピニカです。

『必殺!フォーメーションヤマト』の回での活躍、カッコ良かったです。

デザイン的には、当時は…

「カクカクしたラインが飛行機とは逸脱していてカッコ悪い」と思ってたんですが、

今は「ステルス」と考えると、まぁ納得出来るかな?

20140527silvergul02bunri

上下で2つに分離します。

着目すべきは奥側にあるα号のライディングギア!

なんと車輪が出し入れ出来るんですね。

キャラクター乗り物玩具:ポピニカとしてのプライドを感じるギミックです。

手前のβ号からは、マジックハンドが出てきます。

20140527silvergul03pkg

こちらのパッケージは玩具テイストが強いです。

金色の証紙が、80の横顔になっているのにも注目です。

作品によって証紙デザインが異なっていたんでしょうね。

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

スカイハイヤー

20140526skyhigher01

『ウルトラマン80』に登場する、防衛組織UGMの戦闘機。

放映当時に販売されていたポピニカ(ポピー製キャラクター乗り物玩具)です。

20140526skyhigher02henkei

戦車に変形するんですよ。

劇中にはそんなシーンは無いんですが。

よく見るとキャタピラまで付いてるんですね。

20140526skyhigher03pkg

パッケージは、図面っぽいイラスト等が使われていて模型志向です。

劇中では夜の離着陸シーンがとてもカッコいいんですが、

その写真が使われていますね。

「スカイハイヤー」ってネーミングも、当時は…

「なんで戦闘機にタクシーみたいなネーミング?」って思ってたんですが、

多分『空軍大戦略』の主題曲『Aces High』から来てますね。

企画開発担当者も飛行機好きだったんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

翼の本(その1)

20140501airplanemook01top

あ!そろそろ手持ちの飛行機の資料、古くなってますね!

戦闘機年鑑、ざっくり10年前の物です。

20140501airplanemook02

自分は、趣味でロボデザイン等を行う時に、実在のメカの

ディティールやカラーリングを拝借することが多々あります。

見た目のリアリティーを補完する為なのですが、

自動車やバイクと違い、ミリタリー系はなかなか新型が発表されませんから、

ついつい過去の資料を使いまわしちゃうんですが…

20140501airplanemook03jw

このJウィングも10年近く前…F-14トムキャットの退役時。

そろそろ新しい本を仕入れておかないと。

増税前に気付きゃ良かったな…

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

MUSTANGS ON THE PROWL

20140325mustang01

ロバート・テイラー画伯の航空絵画を、海外のオークションでゲット。

アーティストと、撃墜王のサインは勿論直筆。

なんと6機編隊だったんですね!

これまで、海外のインターネットサイトで見ていただけで、

プリントされたものといえど、現物は見たことが無かったのです。

日本の航空絵画専門店でも「扱った覚えがない」という事だったので、

英米以外に流通された数が少ないのかも知れません。

20140325mustang02up

遠景の彩度の落とし方がもう絶妙!

同じ作家の絵で比較しても、傑作の部類だと思います。

20140325mustang03kanteisyo

鑑定書もちゃんと付いてました。

落札してから運搬にあたってのサイズオーバーが発覚、

追加料金を取られたり、日本に到着後に宅配業者に一週間以上も

留め置きされたりで、かなりハラハラしましたが、

結果としてお買い得だったと思います。

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

ZATバッジ

20140201zat

その昔、小学館の学年誌の通販で売っていたもの。

『ウルトラマンタロウ』の防衛チームZATのメカを2点、ヤフオクでゲット。

宇宙戦闘機でもないのに、航空力学を歯牙にもかけないデザインが、

逆に秀逸です。

番組のオープニングの発進シーケンスなんか、メカメカしさを通り超えて、

もうケバケバしいし!

20140201zatcondol

コンドル…最高速度マッハ8.8!

こちらは翼が円形なので、ダイソンの扇風機みたいに、

まぁ何か揚力を発生させるんだろう?って無理に想像出来ますが…

20140201zatswarow

スーパースワロー。

主翼の真ん中に、楕円とすら言えない大穴が!

しかも最高速度マッハ9.1!!!!(出版の方、たぶん誤植です。)

ウルトラ系防衛チームで最速クラスじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

風立ちぬ

20130909kazetachinuposter

先週は宮崎監督の引退騒動がありましたが、実はその直前に観劇。

モデルグラフィックスでの連載当時から、この漫画は映画向きではないと

思ってました…進行が記録的で、エンターテインメント性が感じられなかった

からです。

映画版でこれを補ったのは、菜穂子の描写のリアルさでしょうか?

新婚初夜なんてシーンも有りましたね。

20130909kazetachinumesser

映画にメッサーシュミット博士は登場しませんでしたが、

ユンカース博士はチラッと出ていましたね。

その後の「カウルの間から前方が見える」は省かれていました。

20130909kazetachinucoul

漫画版で一番好きだったコマ…

七試の失敗を予見した二郎のもとに出現するカプロニおじさん。

20130909kazetachinushipai

失敗の原因を問いかけられ、

「自分の力の不足です」と言い切る二郎。

残念ながら七試自体が、あまり登場しませんでした。

飛行機好きとしては、その後の雷電や烈風の飛ぶ姿も見たかったなぁ。

それでも最後に零戦が飛んでいく姿には、やはり目が潤みました。

さて引退を宣言した宮崎監督、今度はどんなお話をモデルグラフィックスで

連載してくれるのかな?

え?違う?(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧